キャッシングの限度額はどうやって決まる?

MENU

キャッシングの限度額はどのようにして決まる?

 

キャッシングやカードローンを利用する際、利用限度額を気にする方がほとんどかと重います。
自分はいくらまで借りれるだろうと気になるものですよね。
出来ることなら自分が希望する金額で審査が通ればよいですが、実際はそうもいきません。
ではキャッシングの初回限度額はいくらぐらいなのでしょうか?

 

 

カードローンで借りれる初回限度額は少なめ

 

カードローンやキャッシングは他のローンと大きく異なる点があります。
それは無担保・無保証人で融資が受けられる点です。
金融機関は債務者が返済不能になっても担保設定した不動産を売却したり連帯保証人に催促することで債権を回収することが出来ます。
もしもの時でも、別の回収方法が用意されていますのである程度高額な融資も可能となっています。
しかしキャッシングの場合、別の回収方法がありません。
債務者が返済不能になっても、不動産を売却したり保証人に催促することも出来ません。

 

このようにカードローンやキャッシングは金融機関にとって大きなリスクを背負うものとなります。
万が一のことを考えると、簡単には大きな金額を貸し付けることは出来ません。
審査にて申込者の返済能力に見合った金額を融資しなければいけませんから、審査は慎重に行われます。

 

特に初回は信用状態がゼロですから、いくら審査を慎重に行っても本当に返済してくれるかは判断できません。
ですから初回は様子見ということで少額スタートが基本となります。

 

もちろん初回限度額は金融機関によって異なりますが、概ね10万円〜30万円前後と思っていただければと思います。
初回から50万円以上の貸し付けてもらえることは殆どありませんので、高望みはしないことですね。

 

 

カードローンやキャッシングの限度額はどうやって決まる?

 

銀行や消費者金融のキャッシングの案内ページに記載されている最大融資額が、自分の利用限度額と勘違いされる方が多いです。
例えば「最大500万円まで融資可能といったように、誰でも500万円までなら自分の希望する金額を借りることが出来ると思ってしまうようですね。
しかしこれは大きな勘違いで、限度額は必ずしも自分が希望する金額を貸し付けてもらえるわけではありません。

 

利用限度額は法律と審査によって決定されます。
法律とは総量規制のことです。
総量規制とは年収の3分の1以上の借り入れは出来ないという規制です。
例えば年収300万円の人は100万円を超える借り入れは出来ないということです。
但し、総量規制は消費者金融からの借り入れに対して適用される規制であり、銀行からの借り入れは適用されません。

 

次に審査による限度額の決定です。
審査では申込者の個人情報と信用情報を元に融資判断が下されます。
審査にて、申込者が貸したお金を返してくれるだろうか、いくらまでなら返済できそうかと金融機関が判断します。

 

限度額の決め方は、それぞれの会社の社内規定を元に決められています。
例えば正社員の限度額は高めだけど、パートやアルバイトなど非正規雇用者は少なめといったようにです。

 

既に他者から借入している場合は新たなキャッシングの利用限度額は少なめになります。

 

 

限度額の上限金額は増額することも可能

 

初回限度額が少なめであっても落ち込む必要はありません。
と言うのも、初回に設定された限度額は増額させることが可能だからです。
もちろん希望すれば必ず上限金額を上げてもらえるわけではありませんが、契約後の利用状況によっては借りれる額を増やすことは可能なんです。

 

増額するにも審査を通過しなければいけません。
初回契約時の審査と基本的には一緒ですが、増額の場合、これまでの利用実績も加味されますのでより厳しくなると思ってよいでしょう。

 

また増額できるようになるまでに最低でも半年の期間が必要となります。
その半年の間の利用状況によって増額の可否が決まります。