学生がキャッシングでお金を借りる場合の条件・注意点をまとめてみました。

MENU

学生でも未成年だとキャッシングはムリです!

 

カードローンやキャッシングでお金を借りる事ができるのは、正社員として働いて社会人のみというイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか?
サラリーマン金融と呼ばれるように、キャッシングの利用者は主に会社員や社会人です。
総量規制の導入により収入が乏しい学生に対して貸付を行う金融機関は少ないです。

 

そうは言っても、学生でも本人に安定した収入があれば金融機関からお金を借りることは可能です。
カードローンは無担保・無保証人で借入れをするわけですが、結局のところ利用条件は利用希望者に返済能力があるかどうかなのです。
アルバイトをしている学生は多いでしょうから、そのアルバイトで毎月安定した給料を貰えていれば、お金を借りることは出来ると思ってよいでしょう。

 

学生の場合、学生ローンを利用する方法があります。
銀行や消費者金融ではなく中小規模の貸金業者が取り扱っています。
名前も聞いたこともない会社ということも有り不安に思う方も多いかもしれませんが、きちんと貸金業に登録された業者であれば特に問題無く利用することが出来ます。

 

学生ローンは学費にしか使えないと思われている方も多いですが、基本的に使いみちは自由です。
生活費や趣味、友人との付き合いなど何に使っても問題ありません。
学生ローンは学生なら無条件で貸し付けてくれるという訳ではありません。
貸金業法が適用されますので、総量規制の対象となり年収の3分の1までの借入れとなります。
つまり学生でも本人に収入がない場合は申込不可となります。

 

学生ローンは銀行や消費者金融に比べ審査に通りやすいと言われています。
学生向けだからこそより利用しやすいようにと審査ハードルが下げられているのでしょう。
また金利もやや低めに設定されている場合が多いです。
アルバイトをしていると言っても社会人に比べれば収入は多くありませんから、少しでも負担を減らそうと金利を安くしていることが多いです。
また在学中は利息のみの支払いで元金返済は就職してからという返済方式をとっていることもあります。
学生ならではの都合の良い返済方式と言えるでしょう。
学生がお金を借りるのに学生ローンは最適かもしれません。
但し一般のカードローンとことなる点があります。
まず利用限度額は多くても50万円が限度となります。
それ以上の金額を借りれるケースはまず無いと思ってよいでしょう。
次に、追加でお金を借りる事が難しい点です。
カードローンですと設定された限度額内で繰り返しお金を借りる事が出来ます。
元金返済をすればその分限度額がまた戻りますので、何度でも借り入れ可能です。
しかし学生ローンの場合は、この繰り返し借入が基本できません。
一度借りたら後が返済していくのみですので、もし追加でお金を借りる場合は再度新規申し込みをしなければいけません。
また提携金融機関もないので専用のATMのみ借り入れ可能と使いづらい部分もあります。

 

利便性の事を考えると学生ローンよりも銀行カードローンや消費者金融を利用したほうが良いかもしれません。
学生であってもアルバイトなどで安定した収入があれば借りれる可能性は十分にあります。
銀行カードローンですと審査がやや厳し目ですから、消費者金融に絞って申込みするほうが良いでしょう。

 

 

但し、申し込み年齢に注意が必要です。
カードローンの場合原則として20歳以上から利用が可能です。
中には18歳、19歳の未成年の方でも親の同意を得れば申し込み可能としているところも有りますが、それは稀です。
これはアルバイトで収入があっても同様のことが言えます。

 

カードローンに申し込み時に必要なものは本人確認書類と収入証明書の2点でOKです。
本人確認書類は学生証や運転免許証で問題ありません。
収入証明書はアルバイトですと給与明細になります。
但し直近3ヶ月分など多めに提出しなければいけない可能性が多いですから、受け取った給与明細書は捨てずに保管しておきましょう。

 

 

親に内緒で借りたいという方も多いかと思います。
そのような方は消費者金融の自動契約機を使って申込手続きをすると良いですよ。
インターネットから申し込みを行い、審査通過後に必要書類を持参して自動契約機を契約手続きを行ないます。
契約完了後、その場でローンカードが発行されます。
この方法なら郵送物が自宅に届くことがありませんから家族に内緒で借入れ可能です。

 

また審査の際は在籍確認が行われます。
アルバイト先に確認の電話が入りますが、バイト先の人達に借金していることがバレル可能性はまずないと思ってよいでしょう。
会社名は伏せ担当者の個人名で電話するからです。
よほど勘の良い方でないかぎりは消費者金融からの電話だとは気づきません。

 

学生でもお金を借りたいという方は意外と沢山いらっしゃいます。
カードローンは急な出費時に対応できますので非常に便利なサービスです。
しかしあくまでも借金であることを忘れないで下さい。
借りたからには必ず返さなければいけません。
申し込みをする前に返済計画を立てて、無理のない返済ができるか必ず確認しましょう。
また消費者金融でも中小サラ金ですと悪質な業者も多いですから、安心して利用するためにも大手を選ぶことをオススメします。