主婦がキャッシングに申し込む時の審査はどう?

MENU

主婦がキャッシングに申し込む時の審査の基準は?

 

家計を上手くやりくりしていても、時には急な出費の連続でお金が足りなくなることもあります。

 

そんな時、キャッシングでお金を借りる事が出来れば嬉しいですよね。

 

しかし借りたいと思っても主婦に貸し付けてくれる金融機関があるのか疑問に思うところです。

 

主婦がキャッシングするにはどうすれば良いのでしょうか?

 

 

パート主婦ならお金を借りる際の選択幅が広い

 

主婦でもパート勤務で働いている方は、本人名義でカードローンの契約が可能です。
パートタイマーであっても給料が安定していれば審査通過も可能です。
ただし週に1回出勤や勤続年数が半年未満など、働いている期間が短すぎると仕事も収入も安定しているとは見なされませんので注意してください。

 

パート主婦なら銀行でも消費者金融でも申し込み可能です。
パートの申込は不可とする金融機関は殆どありませんので、数ある業者の中から自分にピッタリのカードローンを選択することが出来ます。

 

 

低金利で借りたいなら銀行にチャレンジ

 

せっかくお金を借りるなら利息負担の少ない銀行カードローンが良いでしょう。
パート主婦なら審査に通れば銀行での借り入れ十分に可能です。
少しでも家計への負担を減らす意味でも銀行カードローンにチャレンジしてみるのも良いかと思います。

 

主婦が旦那に内緒で借りることも出来るの?

 

借金していることは旦那に知られたくない奥様も多いことでしょう。
出来れば内緒にするのは避けて欲しいところですが、様々な事情がありますから、どうしても内緒にしておきたいと思うのも仕方ないことです。
ローン契約を結ぶと金融機関から郵送物が届きます。
本人が受け取れば何の問題もありませんが、たまたま旦那が受け取ってしまったらバレル可能性大です。
これを避けたいのであれば大手消費者金融の自動契約機を利用することです。
自動契約機なら申し込みからカード発行まで全て行うことが可能です。
これなら自宅に郵送物が届くことはありませんので、旦那に内緒で借りれます。

 

 

専業主婦は収入がないから借りれない?

 

専業主婦の場合、パート主婦のように多くの選択肢が用意されているわけではありません。
カードローンは原則申込者本人に安定収入がないと借りることが出来ません。
ですから本来なら専業主婦も貸付対象外となるところですが、例外として融資が認められています。

 

但し本人に収入がないことには変わりはありません。
この場合、旦那の収入と合算して申込みする配偶者貸付にてお金を借りることとなります。
これにより収入のない専業主婦でもキャッシングが可能となります。

 

配偶者貸し付けは手間がかかる割に採算が見込めないと言うこともあり、扱っている業者が非常に少ないです。
大手消費者金融で扱っているところはなく、中小サラ金が主に取り扱いしています。

 

 

配偶者貸し付けの必要書類はなに?

 

配偶者貸付は通常のカードローンとは用意する書類が異なります。
必要となる書類は、配偶者の同意書・配偶者の収入証明書・婚姻関係証明書などです。
お分かりのように、配偶者貸し付けの場合、内緒でキャッシングというわけにはいきません。

 

 

クレジットカードやスマホの割賦払いの遅延に注意!

 

パート主婦でも専業主婦でもキャッシングが可能ですが、注意しなければいけないこともあります。
それは返済の遅延です。
クレジットカードを持っている方が多いかと思いますが、毎月滞り無く返済できているでしょうか?
審査では過去のローンやクレジットカードの利用履歴を必ずチェックします。
そこで返済遅延があることが判明すれば即座に審査落ちとなります。
スマホを割賦払いで購入している方も多いかと思いますが、こちらも返済遅延をしているとマイナス評価となりますので注意しましょう。