アルバイト勤務の方でもキャッシングは利用できる?

MENU

アルバイト勤務の方でもキャッシングで借り入れできる?

アルバイトやフリーターは正社員に比べて収入が少なめであることが殆どです。
その為、お金が足りなくて一時的に借り入れしなければいけないなんて状況も出てくるのではないでしょうか?
そんな時便利なのがカードローンやキャッシングですが、アルバイトでもお金を借りることは可能なのでしょうか?

 

 

アルバイトでも定期的な収入があればキャッシングは問題なし

 

金融機関や貸金業者が好む人は毎月安定した収入を得ている人です。
正社員であっても収入にバラつきがあるような人ですと融資してくれる可能性は低くなります。
逆にアルバイトであっても収入に安定性があれば審査通過の可能性は十分にあると言えます。

 

審査では収入だけでなく勤続年数も重要となります。
働き始めて半年の人よりも1年以上の人のほうが仕事も収入も安定していると判断されます。
何十年も1つの職場に勤めていないといけないというわけではなく、目安としては1年以上が望ましいです。
アルバイトを始めたばかりでも申し込みは可能ですが、審査に通るのは難しいかと思います。

 

消費者金融なら殆どの業者は申し込み可能です。
銀行なら総量規制の対象外となりますので年収の3分の1を超える借り入れも可能な上に金利も安いです。
ただし審査が厳しい上に非正社員は申込不可とするところも多いです。

 

 

借り入れ経験があるアルバイト・フリーターじゃが審査は有利?

 

アルバイトでも健全なクレジットヒストリーがあると審査が有利になります。
ローンやクレジットカードの利用履歴の事をクレジットヒストリーと言います。
カードローンやキャッシングは新規でお金を借りる人のほうが審査は有利と思われがちですが、実は過去に借り入れ経験がある人のほうが高く評価されます。
もちろん返済を滞納したり強制解約された人ですと逆に審査は不利になりますが、利用状況が良好な方なら審査を有利に進められます。
とは言え、他社借り入れ件数が多すぎると審査に通るのは厳しいです。

 

 

キャッシング審査の申し込みは1ヶ月に3社以内に止めること

 

アルバイトでも審査に通る可能性はあるとはいえ、正社員に比べ不利であることに変わりはありません。
予め審査落ちを見越して一度に多くの業者に申し込む方、手当たり次第に申し込む方がいます。
数撃ちゃ当たる的な考えで申込みするようですが、これは絶対にしないことです。
というのも申し込み履歴も信用情報にきちんと記録されており、一度に沢山の申し込みをしていることがバレると切羽詰っている状況で返済できない可能性が高い。
このように判断されてしまいます。
これでは借りられるものも借りられなくなってしまいますので、申し込みは多くても1ヶ月に3社以内としましょう。

 

 

正社員ではないアルバイト・フリーターだと最初の融資額は少なめ

 

消費者金融からお金を借りる場合、借入限度額は年収の3分の1までとなります。
年収300万円なら上限金額は100万円、200万円なら66万円が上限となります。
だからと言って、この上限金額まで必ず融資してもらえるわけではありません。
審査によってこの範囲内で融資限度額を設定するのです。
カードローンやキャッシングは担保も保証人も不要ですから、初回の限度額は少なく設定されます。
アルバイトですと、初回は10万円から20万円の範囲内だと思ってよいでしょう。

 

 

派遣社員のバイトのひとは在籍確認に注意

 

派遣社員の方は審査時に行なわれる在籍確認に注意が必要です。
派遣社員は派遣元の会社に登録されますが本人は派遣先の会社に在籍となります。
しかし在籍確認は派遣先ではなく派遣元の会社に電話連絡がいくようにしなければいけません。
そうでないときちんと確認が取れず審査落ちになる可能性がありますので注意してください。

 

 

キャッシングの審査は銀行カードローンは厳しめ!

 

審査基準は各金融機関によって異なり、その中でも厳しいのが銀行です。
既に説明したように銀行は非正社員の申込不可とするとこも多く、厳しいです。
審査が決して甘いわけではありませんが、大手消費者金融のほうが利用しやすいです。
審査がどうしても不安という方は無理に銀行に申し込みせず、利用しやすい大手消費者金融に申し込むと良いです。