カードローンの審査で嘘をついたらバレてしまう?

MENU

カードローンの審査で嘘をついたらバレる?

 

消費者金融や銀行系カードローンの審査申し込みで虚偽の申告をするとバレるのでしょうか?

 

カードローンにかぎらずお金を借りるには必ず事前の審査に通過しなければいけません。
審査と聞くと面倒と思うかもしれませんが、融資をするためには絶対に必要な手続きとなりますから、これを無くすわけにはいきません。
審査に通りたいがために嘘の申告をされる方も中にはいらっしゃいます。
どうせばれないだろうと思っているのでしょうが、ほぼバレますので絶対に止めましょう。

 

カードローン会社はある程度の個人情報を正確に把握できるようになっています。
改正貸金業法施行により貸金業者は「指定信用情報機関」に加盟することが義務付けられています。
この機関では、契約申込者のお金に関する個人情報が共有されています。
今現在の借入額や過去の借り入れ履歴、返済の状況などがしっかりと記録として残っているのです。
貸金業者はこの指定信用情報機関を通して申込者の情報をチェックできる状態にあるわけです。
ですから複数社から借りているのに何処からも借りていない等嘘をついても必ずバレます。

 

また無職なのに働いて収入があると嘘の申告をされる方もいます。
しかし審査では勤務先への在籍確認電話が必ず行われますので、これも直ぐにバレます。
また勤続年数・勤務年数も提出する書類をチェックすればすぐに分かることです。

 

専業主婦をされている方の中にも、旦那にバレたくないがために働いていると偽る方もいます。
専業主婦でも借り入れ可能な所はありますが、多くは配偶者貸付ですから旦那の収入を審査にかけなければ借り入れができません。
ですから結局のところ内緒でキャッシングは出来ません。

 

カードローンは無担保無保証で借入ができるローン商品です。
では何を担保にしているのかといいますと信頼です。
契約申込者の信頼を担保に貸金業者等は融資を行なっています。
嘘を付けば借入額が少なくなるだけでなく、契約を解除されることもあります。
審査に通りたい、借りれ額を増やしたいという気持ちは分からなくもありません。
しかし嘘は必ずバレます。
申告は正直にしてくださいね。